バウルーで餃子を焼いたらむちむちカリッで最高!

本サイトで紹介している商品等はアフィリエイト広告を利用しているものがあります。

最低限の家事をやってやることもザーッとやった、うんうんえらい。
そうですね、そうなったら、餃子を作りましょうか(?)

バウルーを買ったときから、バウルーで餃子を焼いてみたかったのでいい機会ですね。
そうと決まったら成城石井で大好きな餃子の皮も手に入れます。はい、手に入れました。
「八幡製麺所」で製造されているものがおすすめ。個人的には購入できる中で最高の餃子の皮だと思っています。

今回は微妙に余ったキャベツを使いきってしまいます。

スポンサーリンク

肉なし餃子に入れるもの

家ではほとんどお肉を食べないので、冷蔵庫にお肉がありません。
微妙に余ったキャベツ、ニラ、もやし、にんにく、小ねぎ、ひよこ豆、豆腐、ごま…などなど全部まとめてぶんぶんチョッパーへ。
下味で薄く醤油と塩を混ぜ込みまして、軽く休ませます。

休ませた後は餃子の皮でひたすら包みます。
この作業、無心になれるからいいんですよね。水分を吸う具材がないのでちょっと水っぽく、途中で包むのが大変になるんですけどね。
なのでこれまた途中で余った揚げ玉を入れてみましょう。

バウルーで焼いたらむちむちとカリッがいっしょに

バウルーで焼いた餃子

さてここからこの前買ったバウルーの登場です。
さっそくうすーく油をひいて、餃子を並べ蒸し焼きにしてみます。
お湯を使うのが面倒なので、水から蒸し焼きにしてしまったけど、食べるのが私だけだから許します。

じゅうじゅう焼ける時間もいいですね。
バウルーの特性上、中が見えないのでちょこちょこ中身を見ながらひっくり返します。
フライパンではあまりしない両面焼きも、バウルーなら簡単でいいですね。

待つこと数分で焼けるので、お皿に移さずそのままいただいちゃいます。これも1人なので許してもらいましょう。(?)

うん、餃子の皮もムチムチでおいしいんですけど、バウルーのおかげでカリカリの部分もあっておいしい。
バウルーは特性上蒸し焼きは得意そうだとおもったんですけど、やっぱりそうでした。最高!

具材も余り物だらけですが、それがいろんな味がしてすごいおいしい。私、天才かもしれない。

これまた微妙に余っていた白ワインを飲み切っちゃおう。
餃子って本当いいおつまみになりますよね。焼きながら飲んで作ってました。落ち着いて私。

アボカドとチーズと黒胡椒

アボカドとチーズと黒胡椒の餃子

「八幡製麺所」の餃子の皮は大きく、非常に伸びるので、毎回大量のたねをつくっても余ります。
白ワインを飲んでいたら、アボカドとチーズを入れて餃子を作ろうと思ってしまいました。はい、包みました。
うんうん、餃子はいろいろ包めていいですねぇ。そしてたのしいですねぇ。

何でも受け入れてくれる餃子の皮に感謝。
結構おなかいっぱいになるので、今日は餃子だけでいいやぁという気持ち。はぁ、おいしかった。

そして、バウルーのポテンシャルの高さを感じました。
酔っぱらっているということもありますが、なんでもできるような感じがしますわ。
はじめて酔っ払いながらブログを書いているので乱文かも。でも勢いで書くブログ楽しいわぁ。

バウルーで次は何を作ろうか悩みます。というか普通にホットサンド作りましょう、という感じですね。

created by Rinker
¥4,140 (2024/04/24 03:23:47時点 楽天市場調べ-詳細)
にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ

コメント

PAGE TOP